ルートセールスのドライバー求人の概要

ドライバー求人の詳細に「ルートセールス」と書かれてあるものの、そもそもどんな仕事内容なのかよく分からない人もいることでしょう。ルートセールスについて業務内容や特徴を知ることから、まず始めていきましょう。

ルートセールスの業務事例

ルートセールスとは、定期的に特定の顧客の元を周り、商品やサービスの販売しつつ、営業する仕事です。車で顧客先へ移動するのが基本です。新規開拓しないところが、一般的な営業職と違うところです。また、定期…

長距離ドライバーとはまた異なるルートセールス

ルートセールスドライバーとは?

ルートセールスドライバーとは、ルート配送と営業職を組み合わせた職種のことです。ルート配送の場合は配達や集荷のみに対応しますが、ルートセールスドライバーは荷物を配達した後に代金を受け取ったり、新たに配達を任せてもらえるように提案するといった業務も行います。そのため、ルートセールスドライバーになるには運転技術に加えて、顧客のニーズに対応できる営業力が求められます。基本的には既存顧客に赴くことになるので、飛び込み営業といった新規開拓を行う必要はありません。会社によっては営業職のようにノルマが設定されており、成績に応じて手当が支給されている場合があります。より高い給与を目指したなら、ルートセールスドライバーがおすすめです。

長距離ドライバーとの違い

ルートセールスドライバーと長距離ドライバーには、どのような違いがあるのでしょうか。長距離ドライバーになると、片道300km以上のルートを運転します。主な業務は荷物を指定された場所に運ぶことで、行き先は1ヵ所です。長距離ドライバーは運転する時間が長く、勤務時間のほとんどは1人で過ごすことが多いでしょう。一方、ルートセールスドライバーは1日に複数の顧客の元に荷物を運ぶ仕事です。顧客への提案も業務の一部となるため、たくさんコミュニケーションを取って信頼関係を作り上げていく必要があります。1人で黙々と働くより、人と一緒に働きたいという方に向いているでしょう。取引先の顧客の営業時間に合わせて働くことが多いため、長期間拘束されることは少なく安心して働けます。

ルートセールスドライバー求人の適性

ルートセールスドライバーが自分に果たして向いているのかどうか、気になる人もいるでしょう。一言にドライバー求人と言えども種類は多く、それぞれ適性も少しずつ異なります。ルートセールスの場合どういった人に向いているのかを解説します。

ルートセールスドライバーの適性3点

ルートセールスドライバーの基本は、契約しているクライアントのところを回るルート配送です。センターからクライアントのところへと荷物を運び、届けた先で集荷や集金を行うのが基本的な流れです。クライアント…