ドライバー求人にもよく見られるルートセールスの特徴

ルートセールスの特徴と可能性

ルートセールスは、ドライバー求人でよく見かけるルート配送の仕事と異なる側面があります。「セールス」という言葉が含まれていることからも推察できるように、営業の仕事が含まれます。配達と集荷に特化したルート配送と違い、荷物を請け負った会社から配送代金を受け取ったり、既存顧客に対して販路拡大の交渉をすることも、ルートセールスの仕事です。ドライバーと営業を兼務する形の仕事が、ルートセールスということができるでしょう。

ルートセールスドライバーは、顧客の声をダイレクトに聞くことができる立場にあります。親しい間柄になった顧客からは、他の人には漏らさない本音を聞く場合があるようです。その情報をもとに商品企画や開発、新規事業の提案などが行えるかもしれません。

ルートセールスに必要なスキル

ルートセールスの仕事に運転は欠かせませんが、必要な技術は入社後に研修などで習得できるので、最初から高度な運転技術を持っていなくてもよいようです。ルートセールスでは、顧客が満足できるサービスを提案することが求められるので、コミュニケーション能力やヒアリング力がカギを握ります。普段から顧客と気さくに話をし、どんな問題を抱えているか、役に立てることがあるかという視点で考える力がないと、顧客に資する提案やアイデアは浮かんでこないかもしれません。昔よくあった、御用聞きをしてくれる近所の酒屋さんや電気屋さんのような存在になれると、成果を上げやすいでしょう。

ルートセールスは、チームを組んで仕事をするというよりも、自分一人で仕事をこなし、問題が生じたときにも冷静に対応する力が求められます。

ドライバーの募集は、未経験者でも応募可能な求人から大型免許を必要とする求人まで幅広いです。未経験者でも応募可能な求人は、宅配ドライバーが多いです。