ドライバー求人の中でも未経験者向きのルートセールスドライバー

ルートセールスドライバーは人手不足

ドライバー求人というと色々な種類がありますが、中でも未経験者に向いていると言われているのがルートセールスドライバーです。そもそもルートセールスドライバーというのは、商品の配達をはじめ代金の決済、営業の仕事などを行う仕事のことです。未経験者に向いている理由は、ネットの普及によって宅配便を利用する方が多いことから慢性的な人手不足状態にあることが挙げられます。実際、小売業界をはじめ食品卸業界、引越し業界などあらゆる企業が、ルートセールスドライバーを募集しています。したがって、普通自動車運転免許を保有していれば、未経験者でも就職しやすいですよ。ドライバー求人に興味がある方は、チャレンジしてみるといいでしょう。

ルートセールスドライバーの魅力

ルートセールスドライバーの魅力は、自分のペースで働ける点です。基本的に指定された得意先に赴くことになるため、1日のスケジュールを自分で調整することになります。例えば、深夜まで営業をしている飲食店に配送するのであれば、その時間に合わせて夜遅くまで勤務することになります。あるいは、朝早く開店するカフェへ配送するのであれば、早朝から働くことになるのです。自分一人で得意先を回るため、上司に仕事のやり方について苦言を呈されることがありません。つまり、マイペースで働きたいという方にうってつけの仕事といえるでしょう。また、ルートセールスドライバーは、小売店や飲食店などの得意先と少しずつ信頼関係を作り上げていく仕事です。少しずつ信頼を獲得できることにやりがいを感じられることも魅力といえるでしょう。

運転手の求人は、大手企業の役員や自治体の幹部の専属ドライバーやタクシー、運転代行など様々なものがあり、職場によっては仕事に必要な免許さえあれば問題なく採用されるところもあります。