ルートセールスの業務事例

ルートセールスの概要

ルートセールスとは、定期的に特定の顧客の元を周り、商品やサービスの販売しつつ、営業する仕事です。車で顧客先へ移動するのが基本です。新規開拓しないところが、一般的な営業職と違うところです。また、定期的に顧客の元を周り、信頼関係を作り上げていくことで、新規の仕事に結びつけていくところが、ルート配送の仕事と違う部分です。 新商品の営業をかけたり、現在納入していただいている商品のアフターフォロー(メンテナンス、部品の補充、故障への対応)をしたりもします。アフターフォローは会社の評判を上げるのに大切な業務になります。ルートセールスのドライバーが活躍している業界には、小売業界、食品卸業界、倉庫業界、引っ越し業界などがあります。

セールスドライバーの具体的業務例

ルートセールスは新規開拓しません。特定の顧客の元を周り、商品やサービスを配送しつつ、集金をし、再注文を受けます。顧客との信頼関係の構築が大切です。顧客の満足度が下がると、契約が終了することもあります。競合他社の動向を把握し、常に顧客の満足度が下がらないようにする必要があります。新商品などの提案もルートセールスの仕事です。受注には販売先のエンドユーザーのニーズを把握する必要があります。そのためには、丁寧なヒアリングや情報収集することが重要です。 顧客からは様々な雑務も依頼されます。特売の見積もりや、売り場のメンテナンスも依頼されます。依頼されたサービスや商品を確実に提供することが大切です。顧客の満足度を上げ、顧客にとって欠かせない存在だと認められれば、長期契約にも繋がります。基本的に外回りですが、体力があり、人付き合いが好きな人には最適な仕事です。

運送業の求人は、トラックの運転をするために必要な免許や数年の実務経験が採用条件になっているものが多くありますが、業績が良い会社をはじめ若手の未経験者を受け入れているところも増加しています。