ルートセールスドライバーの適性3点

決まったルートを毎日ひとりで走れる忍耐力

ルートセールスドライバーの基本は、契約しているクライアントのところを回るルート配送です。センターからクライアントのところへと荷物を運び、届けた先で集荷や集金を行うのが基本的な流れです。クライアントは長期契約をしていることが多く、毎日同じルートを走るパターンも珍しくはありません。そのため、同じルートでも飽きることなく、安定した運転ができる忍耐力が必要となります。

そして、仕事をしている間は基本的にひとりです。ふたり以上でクライアントのところを回る必要がなく、ドライバーがそれぞれ個別の車両を運転した方が効率的だからです。したがって、ひとりでも与えられた仕事をきっちりとこなせることも、ルートセールスドライバーに欠かせない適性です。常に誰かに頼っていないと仕事ができない人は、向いていないかもしれません。

クライアントに営業をかけられる能力も必要

ルートドライバーはクライアント先への配送や集荷など、事務的な作業をすれば問題ありませんが、ルートセールスドライバーはそこに営業が加わります。何らかの商品やサービスの売り込みをする必要があり、その営業成績が仕事の評価に大きく影響します。そのため、クライアントと良好な関係を維持できる能力も必要です。そして、クライアントに「この人が勧める商品やサービスであれば購入したい」と思わせることができる人は、ルートセールスドライバーの適正があると考えて問題ないでしょう。人とコミュニケーションを取るのが苦手だったり、積極的に営業をかけられるメンタルがなかったりする人は、営業の付いていないルートドライバーを選択した方が無難でしょう。

運転手の募集は転職を考えている方や未経験者でも応募可能なケースが多いため、利用しやすい点がメリットです。